ファインカイロの 新型コロナ 対策

臨床での一コマ
この記事は約3分で読めます。

ファインカイロの 新型コロナ 対策

厚生労働省の勧告や、諸外国と日本との 新型コロナ 感染者の違い、諸外国の対応などを参考に、有益な 新型コロナ 対策を実践します。

出来る限りの 新型コロナ 感染症対策を実践しています

  • 入室時のアルコールによる手指消毒
  • 施術前後のうがい・手洗い・アルコール消毒の徹底
  • 完全予約制にて患者さん同士を同室させない
  • スタッフのマスク着用
  • 施術環境の衛生管理
  • 施術道具のアルコール除菌の徹底
新型コロナ,感染症対策

入室時のアルコール消毒

当院に入室される方すべてに、入り口前においてあるアルコールジェルにて、手指消毒をお願いしております。

施術室内に出来る限り持ち込まないよう、ご協力をお願いいたします。

施術道具のアルコール消毒の徹底

施術後は、必ずアルコール消毒を行い、感染防止に細心の注意を払います。

施術ベット、施術器具、検査器具、自律神経測定器、受付カウンター、ドアノブなど、消毒を実施しています。

完全予約制にて患者さん同士を接触させません

当院は、完全予約制にて運営しております。

患者さん同士が同室しない様に予約間隔を調整しています。

予約時間よりも早く到着された場合は、当ビル1階の奥にあるリフレッシュルーム(どなたでもご利用できます)にて、お時間までお掛けになってお待ち頂きます。

施術前後のうがい・手洗い・アルコール消毒の徹底

施術者は、施術の特性上患者さんとの距離が近くなります。また、施術に際して色々とお話しする事になります。

その為、術者は施術前にあらかじめ、うがい・手洗い・アルコール消毒をして患者さんの施術にあたります。

また、施術後も同様に、うがい・手洗い・アルコール消毒にて、コロナウィルスの媒介にならない様に、十分に配慮します。

スタッフのマスク着用

施術の特性上、様々な会話の必要性があります。

術者はマスクを着用して飛沫の拡散防止に努めます。

患者様には、マスクの着用を強制いたしません。

ご自身の受けやすい環境で施術を受けてください。

施術環境の衛生管理

施術室内は、換気を常に行っております。

施術前後は、窓をあけ室内の空気の循環させています。

施術中も窓を開け換気に努めておりますが、天気や気温の状況によっては窓を閉める場合もあります。

窓を開けての施術をご希望の際は、そのご希望にそって窓を開けて対応させて頂きます。

新型コロナ ウィルスと共存する

自然界には、多種多様の菌やウィルスが存在しています。
それらを排除して、殺菌・抗菌・脱ウィルスなどをしていると、身体はどんどん弱くなります。
様々な菌やウィルスと共存する免疫力、感染しても重症化しない身体が大切です。
人間の身体を守る免疫機能は、脳を中心とした神経系が大きく関係しています。

また、精神―神経―免疫学という観点から、様々なストレスと免疫の関係性も明らかになってきています。当院で提供している心と身体のバランス調整は、健康な免疫機能づくりに貢献できるのではないかと考えています。

タイトルとURLをコピーしました