慢性関節リウマチの既往をもつ43歳女性が内反小趾と不眠でお悩みでした

友だち追加

慢性関節リウマチをお持ちの43歳女性が足の小指の痛みを訴えて来院されました。内反小趾による痛みなのか、関節リウマチによる痛みなのか?どちらにしても病院のケアでは改善されずにお困りでした。
また、ここ数年で不眠症状も起きているとの事で、様々な症状でお困りの状態でした。

足の小指の痛みと不眠の施術のアンケート

当院を知ってから来院されるまでの時間はどれくらいありましたか?直ぐに来院されなかった方は、その理由をお聞かせ頂けますか?

当院の事を知って直ぐに来た

どの様な症状でお困りでしたか?

内反小趾、不眠、リウマチ

来院される前に、当院のどの様な所に不安や期待を感じていましたか?

リウマチがあるのでそれが原因で(足の)痛みが出ていたら、あまり効果がないかと不安でした。口コミで外反母趾が良くなったというのを見て効果を期待しました

なぜ数多くある病院や治療院の中から当院を選んで頂けたのでしょうか?また実際に来院されてみて如何でしたか?

まだ3回目の来院ですが、すでに痛みが無くなってきて驚きです。神経の調整というのが気になりこちらにご連絡しました

施術を受ける前と後で、どのような変化がありましたか?

痛みが減った

他の医療機関や治療院と比べて、どう違いましたか?

効果が出るのが速い

来院を検討している方に一言メッセージをお願いいたします。

不調には色々な原因があると思いますが、根本治療には適していると思う。

内反小趾などの指の痛みや不眠症でお悩みの方はぜひ一度ご相談ください

内反小趾・外反母趾は、多く治療院でテーピングをしたり超音波をかけて痛みを緩和させたりする施術が主流です。痛みを構造的異常と捉えるのは、慢性痛について一つの側面を見ているにすぎません。慢性痛はもっと多角的に、痛みの対する認識やその感情なども含めたもっと多角的に見ていく必要があります。
現在の外反母趾や内反小趾でのアプローチで結果が出ていない多くの原因はそういった部分にあります。
当院では、構造的な異常ではなく、もっと機能的な異常、すなわち身体をコントロールする機能に注目しています。
またストレスとの関係性も重視し、体が無意識に反応している心理的記憶を見ていきます。

不眠症なども、患者さん自身が自覚しているストレスに対するケアが殆どですが、その多くはそういったストレスを避ける指導がなされています。
しかし、現実的にそういったストレス環境から逃れる生活が出来る人は非常に限られています。
当院では、無意識に反応している心理的記憶を見ていきます。その様な記憶を背景をたどっていくと、今自分がストレスと感じている理由が見えてくる方が多いです。

整形外科的なアプローチで改善されないのには理由があります。
当院では、整形外科とはまた違った側面から症状をみています。

整形外科で改善されなかった内反小趾や外反母趾の症状もよくなる可能性があります。また精神科や診療内科で、よくならなかった不眠症などもサポートできる可能性があります。
お気軽にご相談ください。

24時間簡単ウェブ予約

関連記事

  1. ストレスによる不眠症でお困りだった62歳会社役員の女性の感想…

  2. ファインカイロ|仙台・北四番丁いよいよスタート!

  3. 【定休日が変わります】11月はお休みがあります(10月29日…

  4. 病院に行っても原因不明と言われた肩や腕、体全体の痛みでお困り…

  5. 多忙につき常に感じる腰部の痛みと不快感を訴えて来院された医師…

  6. 日曜営業に伴い定休日変更のお知らせ