手術を検討されていた坐骨神経痛が良くなっています

トピック

横浜市磯子区から来て頂いているSさん(74歳 女性)

半年前から坐骨神経痛を患い、整形外科や接骨院、カイロプラクティックを受診するも改善されず

医師からは、手術をするように進められている状態でした

3回目の施術を終えて、痛みはまだありますが、以前よりも痛みの程度が減り、日常動作が出来る様になってきました。

他の医院では得られなかった体の変化を感じて、自分でも治る自信が掴めてきた様子です。

 

来院キッカケ

もともと腰痛持ちで、椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症という診断を受けていた様です。腰痛は常に感じており、痛みが強くなると病院で薬を貰ったり、電気をかけて貰ったり、接骨院でマッサージを受けたりする事で緩和され、痛くなるとまた治療を受けに行くという状態だったそうです。

病院や接骨院の治療でいつもなら改善される症状が全然改善されず、足にまでシビレ感を感じるようになり、友人の紹介でカイロプラクティックを受診されたそうですが、そこでも体の変化は見られなかったそうです。

そこのカイロプラクティックの先生に、当院を紹介されて当院にお越しになられました。

 

どの様な状態?

じっとしていると腰回りの鈍痛とこわばりがあり、足の外側と後ろ側に疼く鈍いシビレや痛みがある状態とのことでした。

動作の初めにズキッと痛みが走る事もあるそうです。

その為に、動きはとても慎重で足は軽く引きずる様な歩行をしています。

身体の動きは固く、動かす事を嫌がっている様に見えます。(本人はそのつもりが無いそうです)

日常生活では、ご主人に家事を手伝ってもらいながら、出来る事はするようにしているが、痛みが怖くてあまり動く事が出来ないそうで、座ってテレビを見ている時間が長いとの事。

週1度はあった、お友達とのお茶つきあいも気が進まず、行く気になれない状態と仰っていました。

 

身体の状態を調べてみると

腰部や背部、股関節周囲、肩関節周囲、膝など、様々な部分で身体をしっかりと支えられていない状態でした。

筋力が無いわけではなく、筋肉や関節の刺激によって、神経系が適応できずに、誤作動を起こしていました。

また、音や光といった刺激に対しても、体のバランスを崩してしまう状態である事が分かりました。

 

神経の機能障害を調整する

身体は、どんな姿勢をしていても、その状態を関節内や筋肉内の神経の受容器(センサー)がモニターしており、今の状態を脳に伝えています。
その姿勢での最適な筋肉の緊張度を命令し身体のバランスを取っています。これは寝ている状態でも無意識に行われています。

Sさんの神経のセンサーの働きが悪い部分をアクティベータ・メソッドで分析し調整していきました。

初回の施術後には、多くの機能が改善されて自覚症状である腰の強ばりや痛みが少なくなり、歩行時の痛みもかなり改善されました。

本日3回目の施術を終えて、ご自身でもだいぶ動かす事への自信を取り戻した様子でした。

この感じで行けば、もうすぐに症状を気にしないで生活される日が訪れる感じがします。

 

神経の誤作動は、繰り返し調整して新しい感覚入力を学習させる事で定着していきます。
継続した施術が大事です

 

 

 

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました