不眠症状・パニック症状・ストレス性症状・慢性的な腰痛や坐骨神経痛の方が多数来院。身体の芯から健康を回復してください!当院について詳しく知りたい方はこちらを「クリック」!!
コロナウィルス対策実施中

当院は、自粛要請対象に該当しない小規模事業です。
出来る限りの感染症対策(以下)を2月初旬実行して、営業を続けています。
自粛生活によって生活環境が変化して、気持ちの面でもストレスを感じ、心身の不調を起こされる方が増えています。
その様な方々が、環境に適応して、日々の生活に不調を感じる事が無くなる様に、心身共にサポートさせて頂きます。
高齢の方、呼吸器系の持病をお持ちの方も施術にご来院されます。ご来院の方におかれましては、37度以上の発熱が続いている方などは、ご来院の延期をお願いする場合がある事をご了承願います。

●当院の感染症対策●
①手洗いうがいの徹底
②手指のアルコール消毒
③室内空間および設備機器の次亜塩素酸水による消毒
④常時換気
⑤施術時のマスク着用

WEB予約

馴れない動きで股関節に痛み!2週間たっても良くならないので来院

トピック
この記事は約2分で読めます。
初回の施術で痛み症状は8割改善。神経系の誤作動は骨盤・背部・肩に集中していました。
全身の神経の働きが改善されてくるとともに、自覚症状は大幅に改善されました。
神経の誤作動を起こしている記憶にアプローチが重要です。

 

踊りのお稽古で、普段しない体の使い方をしてから、股関節に痛みが出る様になったYさん。

痛み初めは動かす時に少し痛みを感じていた程度でしたが、時間の経過と主に痛みは増加して、今ではじっとしていても「ジワーっ」と痛みを感じる様になり歩くと股関節に響いて、歩行も困難になっている状態でした。

問診から、一つ一つ可能性を除外して、重篤な疾患が隠れている可能性が限りなく低い事を確かめて、痛みの現場を特定していきました。

痛みの現場は、複数の筋肉の異常な興奮による疲労の蓄積した部分でした。

くにい
くにい

問題は、なぜこのような状態になったのか?です。決して馴れないお稽古をしたからというわけでは無いのです。

問診から手繰り寄せると、人事による仕事内容の変化や、新入学時期の多忙などと、仕事関係のストレスをお抱えでした。

ご自身で認識されているストレスの背景を、体の緊張反応と共に見ていく事で、何が神経の誤作動を起こして、筋肉を過剰に働かせる状態を作っていて、馴れない動作に適応させてないのかが見えてきます。

全体の神経のバランスが取れてくる事で、この方の股関節の痛みや背部痛・頭痛は改善されて、歩行や首や肩の動きが楽にできる様になりました。

痛みを感じさせていた疲労物質は、血液の循環によって改善されていきますので、まだ多少痛みなどは感じていますが、自然と緩和されていく事でしょう。

 

くにい
くにい

誤作動を起こしていた神経の働きが健全な状態で記憶されるように、最適な体と脳のエクササイズを処方しました。次回の来院でどれだけ、誤作動を起こしていた機能が回復しているか楽しみです。

ファインカイロプラクティックでは、症状が出ている現場は様々な機能障害の結果であると考えています。
現に機能障害を起こしている部分が改善されると患部に触れなくても改善されるケースが殆どです。
症状という結果ではなく、原因を追究する事で、再発が少なくより根本的に健康に貢献できる、そんなケアを提供していています。

 

タイトルとURLをコピーしました