不眠症状・パニック症状・ストレス性症状・慢性的な腰痛や坐骨神経痛の方が多数来院。身体の芯から健康を回復してください!当院について詳しく知りたい方はこちらを「クリック」!!
コロナウィルス対策実施中

当院は、自粛要請対象に該当しない小規模事業です。
出来る限りの感染症対策(以下)を2月初旬実行して、営業を続けています。
自粛生活によって生活環境が変化して、気持ちの面でもストレスを感じ、心身の不調を起こされる方が増えています。
その様な方々が、環境に適応して、日々の生活に不調を感じる事が無くなる様に、心身共にサポートさせて頂きます。
高齢の方、呼吸器系の持病をお持ちの方も施術にご来院されます。ご来院の方におかれましては、37度以上の発熱が続いている方などは、ご来院の延期をお願いする場合がある事をご了承願います。

●当院の感染症対策●
①手洗いうがいの徹底
②手指のアルコール消毒
③室内空間および設備機器の次亜塩素酸水による消毒
④常時換気
⑤施術時のマスク着用

WEB予約

子育て中のお母さんが胃痛でお悩みでした

コラム
この記事は約2分で読めます。
子育て中のお母さんは、超ハード! 自身の体調も大切だけれどついつい後回しに。 体調不良でも病院には行きにくく、お薬など飲んでも平気なんだけどちょっぴり心配だったりもする。
色んな心配を常に抱えて大変だと感じています。

 

30代の子育て中のママさん、腰や肩のコワバリだけでなく、胃痛も出てきて辛い。。。

妊娠中から定期的にケアをさせて頂いているママさん

今月は、いつもの腰や肩のコワバリだけでなく、胃痛も感じるようになっているとのこと。
病院では、胃が動いていないので胃酸が溜まりやすいとの診断を受けたそうです。

食べるとムカムカ、時折こみあげてくる吐き気に悩まされている状態でした。

 

かなりの神経系の誤作動がありました

基本的な検査を行うと、身体の主要な動きの殆どで、神経系が誤作動を起こしています。
また、飲み込む動作や、心窩部や下腹部の押圧といった刺激でも、神経系が誤作動を起こします。

日常的な神経活動の多くで身体が混乱する信号を出している状態でした。

身体の神経機能のバランスをくまなくチェック

腰部・脊椎部・頚部・顎関節といった部分で神経機能障害が見つかりました。
調整すると、自覚症状のあった、頚部や腰部のコワバリ感が改善。

身体を動かしたときの違和感がだいぶ消失しました。

下腹部の押圧による刺激にまだ誤作動信号が出ており、違和感も多少残るとの事。

その誤作動反応を見ていくと、胃経の機能障害が関連している事が見えてきました。
胃経の機能障害を調整した所、押圧による下腹部の違和感がさらに減少しました。

機能障害を調整した後の状態は?

施術後は、

酸素が全身に行きわたる感覚がする。
胃が動いている感じがする。

という感想を頂きました。

産後でなかなか自由な時間がない子育て中のお母さんですが、30分ほどの時間でお悩みの症状がだいぶ軽減されてきました。元気に子育てして楽しんでください。
当院は、症状に対して施術を行うわけではなく、身体の健康を保つのに必要な神経機能障害などを評価・調整し健康を回復する施術院です。
効果を必ずしも保証できるものではありませんが、一般医療とはまた違った視点で症状をみていますので、他院で改善されなかった症状も改善される方が多いと思います。
まずは一般医療で、それでも改善されなかった場合などぜひご相談ください。
タイトルとURLをコピーしました