不眠症状・パニック症状・ストレス性症状・慢性的な腰痛や坐骨神経痛の方が多数来院。身体の芯から健康を回復してください!当院について詳しく知りたい方はこちらを「クリック」!!
コロナウィルス対策実施中

当院では、2月初旬より施術ごとの清掃だけではなく、施術前後に、施術ベット、施術器具、受付、待合室、通路、エレベーターなどを消毒用アルコールや次亜塩素酸水による消毒作業を行っております。
また、手洗い、うがいを定時的に行っております。
高齢の方、呼吸器系の持病をお持ちの方も施術にご来院されます。ご来院の方におかれましては、37度以上の発熱が続いている方などは、ご来院の延期をお願いする場合がある事をご了承願います。

WEB予約

ストレートネックは首こり・肩こりの原因になるか?本当の原因は?

こんなお悩み
この記事は約5分で読めます。

本日は、ストレートネックとファインカイロの考えについてお伝えします。

首コリや肩こりの原因として、ストレートネックや背骨の湾曲がないストレートバック、もしくはその反対の猫背、側弯症、歪み、最近ではスマホネックなどが一般的に言われています。

果たして本当に、その様な姿勢が肩こりや頭痛の原因なのでしょうか?

肩こり・首こりの原因は、神経の誤作動であろう。
ストレートネックや猫背、スマホネック、でも
肩こり・首こりを感じない人も多い。

 

 

事実、背骨の配列は筋肉の緊張度に依存している

骨は勝手に動くことは出来ません。

筋肉が骨を支えていて、そして動かすときも筋肉が動かしています。

筋肉の働きのバランスが失われる事で、骨を支える機能にアンバランスが生じて背骨の配列のバランスは変化していきます。

その人の生活習慣に適応するように、筋肉の働きは発達・成長していきます。

その結果、首の骨がまっすぐ(ストレートネック)になる人もいますし、逆に湾曲が強くなりすぎる人も出てきます。

理想的な湾曲ではない人が皆、肩コリや首コリを起こすのか?理想的な湾曲であれば首コリや肩コリは起こらないのか?

背骨の湾曲に関わらず症状を感じている人は沢山います。

腰痛を感じたことのない人に、椎間板ヘルニアなどの異常が見られるように、肩こり首こりの無い人にも、ストレートネックの人は存在しています。

筋肉は、神経系によってコントロールされている

背骨を支える筋肉は、神経の命令を受けています。

神経の働きは、体性神経と自律神経に分類されます。

体性神経は、意識して働かせることのできる神経。

自律神経は、無意識で働いている神経です。

姿勢は、自律神経系の制御を受けています。自分で意識せずとも勝手に姿勢を制御しています。

姿勢制御をしている自律神経系の誤作動が過剰な筋肉の働きを促し、酸素欠乏・筋肉疲労を起こさせて筋肉のコリを誘発している。

お腹の調子が良い時と悪い時がある様に、筋肉の働きに調子がいい時と悪い時が存在します。(どちらも自律神経系の支配をうけています)

脳・神経系の働きは、脳への入力(刺激情報)に影響を受けています。

脳への入力(刺激情報)が偏る事で脳の働きは低下していきます。(無重力状態だと筋力が低下するように)

ですので、自律神経の働き、ひいては脳や神経系の働きを改善するために大切な事は、脳への刺激情報が適切に行われているか、それと脳が適切に処理できているかどうか?だと言えます。

ストレートネックや猫背でも、その状態で関節や筋肉のセンサーがしっかりと働いて、脳へ適切な信号を送っていると、脳はその情報をもとに、その状態での適切な筋肉の緊張度を出力できることになります。
そういう方は、肩こりや首こり(腰痛やひざ痛も同じメカニズム)を引き起こしにくいと言えます。
逆に、理想的な姿勢をしていても、筋肉や関節のセンサーがしっかりと働いていなければ、脳への情報は正しく送られず、間違った信号で脳は状態を把握しますので、間違った出力(過剰な働きや過小な働き)をするようになり、筋肉のアンバランスが生じて酸素欠乏を起こして筋疲労が誘発されて、コリやシビレ、痛みといった症状を起こすようになります。

 

脳は記憶する装置、いい働きも悪い働きも繰り返されれば記憶していき、条件付けされた記憶となって慢性化していく

冷えたり、低気圧が近づくと、関節が痛くなったり、肩こりが強くなったりする人がいます。

これは、条件付けによるものではないかと考えられます。

不健全な神経活動が身体で起きている時に、身体が冷える体験を繰り返したり、気圧の変化を繰り返し体験していたり、繰り返される感情的なストレスを受けていたり、そんな五感情報や心理情報を繰り返して体験している事で、神経の誤作動とそれらの情報がリンクして、間違った学習記憶を形成すると考えられます。

慢性痛の多くは、こういった神経の誤作動や不健全な学習記憶にあると考えるのが、生理学的に矛盾の少ない仮説だと考えています。

(心身条件反射療法HPより参照)

 

まとめ

首こり肩こりは、ストレートネックが原因では無いと言えると思います。
姿勢や骨の配列の異常の有る無しに関係なく、症状を持っている方が殆どですので、姿勢矯正や骨格矯正でのアプローチには、疑問が残ります。

筋肉の異常な緊張には、神経系の働きが関係しています。

神経の働きは無意識です。無意識の神経の働きに注目したほうが良いです。

無意識の神経の働きは、関節や筋肉からの神経センサーの働きであったり、誤作動を記憶した五感や心理面の情報が関係してますので、その分析したほうが良いです。

自分でできる解消法はあるか?

自分で出来る解消法でお勧めできるのは、
①心地よい軽い運動を心がける
②脳がリラックスできる様に好きな事を大切にする
③ 自分がストレスだと感じる時の感情に善悪をつけずにその感情の自分に集中する事で脳の適応力を育む

などがあると思います。

 

あなたの、首こりや肩こり、頭痛や腰痛の改善のために、ストレートネックの様な構造を治す治療を受けたいですか?それとも身体の機能を整える治療を受けたいですか?

整形外科や整体、マッサージ、整骨院、WEB上の情報は、脳の出力の結果生じた現象に対してアプローチを行う手法が殆どです。

マッサージやストレッチ、背骨のゆがみやズレの矯正、筋肉の過緊張、血流不足の薬など、これらのアプローチで改善されない方が沢山います。

本来その様な対症療法はお金をかけずに自分で行うことが出来ます。生理学的に考えて根本改善とならない方法に無駄にお金を払うのは勿体ないと思う方、結果に対するアプローチではなく、原因に対するアプローチで改善したい!そう思う方は、ぜひご相談ください。

 

全てのカイロプラクティックが当院の様な考えではありません。同じカイロプラクティックという屋号だからという理由でカイロプラクティックのケアを受けないほうがいいですよ。
他院に行かれる場合は、その先生の意見をしっかりと聞いてほしいと思います。

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました