不眠症状・パニック症状・ストレス性症状・慢性的な腰痛や坐骨神経痛の方が多数来院。身体の芯から健康を回復してください!当院について詳しく知りたい方はこちらを「クリック」!!
コロナウィルス対策実施中

当院は、自粛要請対象に該当しない小規模事業です。
出来る限りの感染症対策(以下)を2月初旬実行して、営業を続けています。
自粛生活によって生活環境が変化して、気持ちの面でもストレスを感じ、心身の不調を起こされる方が増えています。
その様な方々が、環境に適応して、日々の生活に不調を感じる事が無くなる様に、心身共にサポートさせて頂きます。
高齢の方、呼吸器系の持病をお持ちの方も施術にご来院されます。ご来院の方におかれましては、37度以上の発熱が続いている方などは、ご来院の延期をお願いする場合がある事をご了承願います。

●当院の感染症対策●
①手洗いうがいの徹底
②手指のアルコール消毒
③室内空間および設備機器の次亜塩素酸水による消毒
④常時換気
⑤施術時のマスク着用

WEB予約

定期的な神経機能のチェックが健康を支えている

メンテナンスケアトピック
この記事は約3分で読めます。

神奈川県相模原市からお越しいただいているYさん

半年ぶりのメンテナンス・ケアでご来院されました。

定期的にメンテナンス・ケアをされているYさんなので、今回も特に異常があったわけではありません。

そして、検査の結果もすこぶる良好です。

いい状態を維持して、快適な日々を送られているのを知る事が出来て嬉しいです。

 

初めて来院された時の状態は心身疲労で腰痛などで悩んでました

転職先で慣れない仕事で心身が疲労して腰痛を発症されたのがきっかけで来院されました
もともと、肩こりや頭痛などもあり、その症状も悪化し全身が疲れ切っている状態との事でした

どこに行っていいか分からない状態で、色々と検索して当院にご来院されました。

ご来院時は仕事帰りにお越しになられましたが、お話しするのも辛そうな状態でした。

 

神経の働きはどんな状態?ストレスの影響はあるのか?

施術を開始した当初は、神経機能が施術によって回復されるが、いい感覚を感じられるのが3日とか4日程度で、それを過ぎると症状が気になりだしてくる状態でした。

これは、神経機能を乱す誤作動記憶が様々な場面で存在している状態

 

3回目の施術あたりから、神経機能障害だけでなく、それを引き起こす誤作動記憶についての理解を得られたのでその調整も始めました

すると症状が気になる頻度が少なくなり、5回目の施術からガラッと状態が変わりました

 

施術前の検査で、多くの機能異常を示していた動きが改善されていました。

症状を強く感じていた一日の仕事終わりでも、悩んでいた腰痛や頭痛や肩こり、全身の疲労感、憂鬱さがほとんど感じられなくなったとおっしゃっていて、検査結果だけでなくYさん自身も改善をしっかりと感じていました。

 

どのような誤作動記憶が影響していたのか?

意欲

自制心

義務

劣等感

という様なキーワードが、誤作動記憶と関連していました。

直接的に仕事と結びついていたキーワードもありましたが、昔の記憶が関係しているキーワードもありました

誤作動記憶を、健全な神経機能状態へと上書きするPCRTのケアを行って5回、全体で7回の施術(2か月)で、当初お困りだった症状がほぼなくなりメンテナンスケアになりました。

 

症状が無くなってもメンテナンスケアで継続治療されています

それから、2年がたちますが、6か月くらいの感覚で定期的にメンテナンス・ケアを受けられています。

あれから、生活習慣にも色々と変化があり(ご結婚やお引越し)ましたが、しっかりと環境の変化に適応されていて、以前のような悩ましい症状に苦しむことが無くなっているそうです。

 

カイロプラクティックの本文は、ヘルスケアです。いわゆる健康管理。症状を改善させるためにカイロプラクティックを利用されるのもいいですが、やはり健康的で充実した日々をおくる為に、神経機能の状態をチェックしておくことは大切だと思っています。
この考えに賛同いただける方が増えてくるように、私もその大切さを日々の臨床でお伝えしていきたいと思っています。

 

タイトルとURLをコピーしました