スノーボードで痛めた膝の痛みが引かない30代女性

本日は、スノーボードで転倒した際に痛めた膝が数か月経過してもなかなか痛みが引かない女性からの施術の感想を紹介します。
膝の痛みだけでなく、慢性的な肩こりと頭痛・頚部痛もおもちとの事でした。

ケガの後の痛みがずーっと長引いている方は非常に多いと思います。
損傷した組織は3週間程度で修復されているのにも関わらず、嫌な痛みを感じ続けている。
MRIなどの画像診断でも異常がない。けれど痛みがある。

痛みのある部分、症状の出ている部分を診る、整形外科や他の医院ではなかなか改善され難い訴えだと思います。

 

始まりはスノーボードで転倒してから

先シーズンに、スノーボードで転倒してから痛みがなかなかひかない状態が続いている。
以前までは同様に痛めても直ぐに回復していたので、今回はなかなか痛みが良くならずに年齢という衰えを感じてる
病院では膝関節の半月板が薄くなっているので、痛みはそこかきていると言われた
痛みは、朝起きたとお気から常に鈍痛があり、その鈍痛が引くことはない。
長時間膝を曲げている姿勢が続くと膝を伸ばすときに強い痛みを感じる事もある
調子が悪い時は、椅子に座っている状態でもその様な痛みを感じる事もある。

 

痛みの誘発テストで、痛みは再現されない

膝関節に負荷をかける様々な検査では痛みが再現される事がない。
半月板組織に負荷をかける整形外科テストなども痛みを再現する事はない
触診でも、膝関節裂隙(膝の関節の間)に痛みはなく、膝蓋軟骨部分に多少の痛みがある。

神経機能異常を確認

足首や股関節の関節のセンサーを刺激すると、正常な筋力を発揮していた反応が乱れ、筋力が発揮しにくい状態になりました。
膝の関節周囲ではその様な反応はありませんでした。
体幹や頚部でも同様に神経機能が乱れる反応が見られて、光や音でも同様に機能異常反応が確認されました。

様々な刺激に対して神経機能がしっかりと反応できていませんでした。

 

神経の働きを整えていく

施術はアクティベータ・メソッドで、神経の混乱しているセンサーを調整していきました。
体の中心部分を整えていくと、神経機能が回復していき、様々な刺激に対する反応も良好になって行きました。

施術後は、膝の鈍痛は解消されていました。
また、慢性的に感じていた肩こり症状も解消し、肩関節の可動域も改善され、喜んでいただきました。

定期的な通院の必要をお伝えして、施術を終了しました。

 

患者さんの声

先生の話を聞いて、体に対する考え方が変わりました。
受けてみて体がストレスなく動くようになりました。

(感想は個人の主観であり、改善を保証するものではありません)