数か月前から治らないゴルフで痛めた股関節の痛み

本日は、ゴルフをキッカケに痛めた股関節が、数か月経過してもなかなか良くならないで困っていた方からの感想です。
プレーやレッスンを受けながらでは治らないと思っていた(そうレッスンプロからも整形外科の先生からもそう言われていた)そうです。

熱心にスポーツに取り組んでいる方は、症状がある事で大きな葛藤をお持ちの方が少なくありません。

■ ケガを治すために休んだほうが良いのか?
■ いつまで休めばいいのか?
■ 休んで良くなるのか?
■ 休むとスキルが落ちるのでは?
■ ライバルに抜かれるのでは?
■ 次の大会でいい結果が出ないのではないか?
■ スタメンから外されるのではないか?

 

 

スコアが良くなってきたのに怪我をした

良いレッスンプロと出会い、自分のスコアも良くなってきて、ゴルフがまた楽しくなってきたときにケガをしてしまった。
スイング中に傷む事もあるし、練習の後は数日股関節が痛くなる状態
早く良くしたいのに、なかなか改善しない
リハビリの先生やレッスンプロに教わったストレッチも欠かさず実践しているけど
痛みは一向に良くならない状態だったそうです

 

股関節や体幹の神経機能異常だけでなく、仕事のストレスにも身体は無意識に反応

股関節周囲や骨盤・背骨・肩関節といった部分の新規機能異常だけでなく、仕事の場面でもストレス反応が出ていました。
仕事の場面→上司との関係や部下の関係→【虚栄心】や【利己心】といったキーワードに無意識の反応が見られました。
【虚栄心】→自分はもっといい仕事が出来る→認められたい
【利己心】→自分の仕事を守りたい
様々な心の自分がいる事に気づいていく事で、神経機能異常反応も改善されていきました。

 

患者さんの声

心身共にスッキリして
次のステップに行けそうな
自信がでてきました
ゴルフのレッスンプロにも
スイングがよくなったと
褒められました

(感想は個人の主観であり、改善を保証するものではありません)