趣味の楽器演奏も影響してしまう慢性的な肩こりと頚部痛

本日は、慢性的な肩こりと頚部痛でお困りだった方の喜びの声を紹介します。
学生時代からずーっとこの様な、肩こりと頚部痛に悩まされていた女性です。
肩コリがひどくなるとマッサージに行ってほぐしてもらうというパターンを繰り返されていました。

肩こりをはじめに感じたのは

中学校に進学してから肩こり症状を感じるようになったそうです。

学校では、吹奏楽部に入り、管楽器を担当。
当時は、今ほど症状は深刻ではなく、肩が凝ってもそこまで気になる状態ではなかったそうです。

社会人になってから

仕事も楽しくこなしているが、次第に疲れが溜まる様になり、休日でも身体が休まらない事が増えてきたそうです。

次第に、肩こり症状も常に感じる様になり、ひどい時には趣味で続けていた楽器演奏も気になってできないほどになっていたそうです。

ファインカイロに来られた時

頚部や肩関節の可動域は滑らかさを失い、非常に固い動きになっていました。

また、左右のバランスの比較では可動域が大きく制限されている動きもあり、状態はかなり良くない事が分かってきました。
神経機能のバランスをチェックしていくと、肩関節や首まわりの神経機能異常だけでなく、足首や骨盤、顎や舌の動きでも神経機能異常が見つかったり、眼の動きや光の刺激に対しても神経機能異常が見られていました。

施術計画を順当に進める

神経バランスがかなり悪い状態でしたので、あまり間隔を開けずに神経機能を回復していく提案をしました。

仕事の関係上、通院はかなり大変だったそうですが、しっかりと計画通りに進めることが出来ました。

 

患者さんの声

肩こり・痛みがひどかったのが、何回か通ううちに痛みを忘れるくらい良くなりました、ありがとうございます。

(感想は個人の主観であり、改善を保証するものではありません)