30代トラックドライバーの慢性腰痛

トレーニングが趣味の30歳代トラックドライバーの男性。

健康意識が高く食事やトレーニングも勉強して実践する健康オタクな男性

他の治療院で当院でも提供しているアクティベータメソッドを受けられ効果を実感!

アクティベータメソッドの臨床経験が多い私の施術を受けてみたいとの事で、元々受けられていた治療院の先生から紹介されてファインカイロに来てくださいました。

トラックドライバーという仕事

トラックドライバーという職業柄、長時間の運転や重い荷物の運搬作業で、体への負担は大きいため自分でも健康に気を付けて、ウェイトトレーニングによる強化や栄養管理によるケアを徹底されていました。

トラックドライバーは労働環境も過酷で、仕事のシフトがバラバラで十分な睡眠をとって仕事に向かうために、生活リズムを常に変化させて適応させていかなければいけない仕事で、肉体的疲労だけでなく心理的な疲労(自分ではストレスだと思っていないが体が反応している)も影響しているような状態でした。

腰痛や背部痛が職業病

上記のようなこともあり、長い間慢性的な鈍い腰痛と、繰り返される強い腰痛に悩まされていました。
自分で行うストレッチなどでも効果があるときは良いのですが、効果を感じられない時もあり、自分でのケアで効果を感じなくなってくるとかなり状態としては悪い状況となっている様でした。

ドライバーならだれでも同じ症状があるので、ご自身も職業病として「上手に付き合っていく」そんな認識でいる様でした。

当院のケアをうけて

神経機能異常の調整をしていく事で、その場で身体の状態は変化していき、施術後の再検査では施術前に感じていた不快感のある動作は殆どよくなっていました。
しかしながら、心理的な影響はまだまだ身体がストレス反応を起こしている状態で、継続的なメンタル面のケアをした方が良さそうでした。

「重労働」や「睡眠不足」「心理的ストレス」「職業病としての思い込み」など、神経機能が上手に働きにくい学習(神経機能の誤作動:間違った癖)を沢山している状態で、それらの刺激に対して、脳が過敏に反応する誤作動記憶を上書きしていく目的で施術を継続していきました。

結果

季節的、周期的に起きていいた、腰痛や背部痛は症状が大幅に軽減して、症状を感じる頻度も減少傾向でした。

時々、強い症状が引き起こされることもありますが、施術を受けてその場で改善されていく位、神経機能は良好になっていきました。強いストレスがかかると、体の不調が出てくるので、脳が過敏に反応しているストレスの背景を見ていく事で、更なるいい状態を維持できるように、メンテナンスケアを続けています。

患者さんからの感想

腰痛にずっと悩んできましたがファインカイロプラクティックに来て改善してきました。
フィジカルの部分だけでなくメンタルの部分もケアしてくれるのがとてもよかったです今後ともよろしくお願いいたします。

※ 患者さんの個人的な感想です、効果を保証するものであありません。