側弯症の改善で整体やカイロプラクティックを探しているあなたに

側弯症のお悩みをファインカイロがサポート

沢山の側弯症の悩みに対応してきました。
側弯症でもお悩みは様々あります。
あなたのお悩みが、少しでも解決されたら幸いです。
整形外科や整骨院、整体、他のカイロプラクティック院で改善されない側弯の悩み、ぜひ相談して下さい。
改善へ向けて一緒に取り組んでいきましょう

側弯症とは

「側弯症(そくわんしょう)」とは背骨が左右に弯曲した状態で、背骨自体のねじれを伴うことがあります。通常、小児期にみられる脊柱変形を指します。 左右の肩の高さの違い、肩甲骨の突出、腰の高さの非対称、胸郭(きょうかく)の変形、肋骨や腰部の隆起(前かがみをした姿勢で後ろから背中をみた場合)、などの変形を生じます。

日本整形外科学会


日本整形外科学会では、この様に定義しています。

側弯症自体の改善の必要性と、側弯症によって症状が起きていると診断された何かの症状の改善では、考え方が大きく変わってきますので、そのあたりを分けて解説していきたいと思います。

側弯症の原因

側弯症の発生頻度は、1~2%程度と言われており、男性よりも女性に多いという事が言われています。
側弯症の中でも、60-70が原因不明の突発性側弯症と言われています。
そのほか、先天的な脊柱の奇形である二分脊椎や半椎と言った問題で起きる側弯症や、水頭症や脊髄空洞症、小児性まひなどによる症候性側弯症があります。

上記の様な様々な側弯症がありますが、『側弯の進行を止めたい・緩やかにしたい』という要望から、『肩こりや腰痛の原因が側弯からきていると言われて、それを治したい。』という要望など、人それぞれ悩みは多岐にわたっています。
問題を明確にして、ファインカイロでは、サポートしています。

側弯症の問題は成長に急激に悪化していく側弯

側弯症は、成長期に側弯の角度が悪化していき進行していくのが問題の一つです。
病院などでも、レントゲン撮影などからCobb(コブ)角という側弯の進行度を図る指標を使って観察をしていくと思います。
コブ角が10度を越えてくると側弯症と考えられる様になり、25度を越えて来ると装具(コルセット)を着用させて進行を物理的におおさえようと試みます。それまでは、主にはストレッチや運動療法を行い、側弯の進行の経過を観察していくのが多いと思います。

側弯症で手術は必要?

コブ角が40度を越えて来る事で、肺や心臓といった臓器のスペースが減少してき機能障害を起こしていくリスクが高まります。肺や心臓の働きに影響を及ぼす事で平均寿命が短くなるなどのリスクがあると言われています。
側弯の進行のスピードが著しい、コブ角が40度を越えてきている場合は、手術による脊柱の固定を勧められるケースが多いと思いますが、ここでも手術のデメリット(リスク)があります。

側弯症の手術のデメリット

側彎症の手術のデメリット(リスク)

  • 手術を行っても側弯症の進行を防げないことがある
  • ボルトが抜けてしまい、側弯症が再発するリスクがある
  • 半年から1年間は運動禁止(一部例外もあり)
  • 年齢を重ねるにつれボルトの部分の痛みがでる
  • 大きな手術痕が残ることがある

凡そ、200万近い金額の手術費用が掛かるのですが、上記の様なデメリットもあるので、手術の際はドクターとしっかりとコミュニケーションをとって、最適な選択となる様にする事が大事だと言えます。

側弯症がカイロプラクティックで改善されるのか?

様々な研究ジャーナルをみて探していますが、症例報告など側弯症が改善しているという報告はありますが統計的に有効性を証明した研究論文はまだないようです。(2024年時点)

側弯症のファインカイロのアプローチ

ファインカイロでは、側彎症の改善の目的から、側弯症が原因と言われた肩こりや腰痛といった症状の改善の目的まで、今まで幅広いお悩みに対応してきました。
側弯症自体の改善(側弯角度の改善や進行を遅らせるアプローチ)に対しては、施術前から改善は期待できない事をお伝えしています。
そのうえで、施術を行っていき7割近い方が側弯症の角度の減弱や側弯進行速度の減弱というサポートができました。
残り3割ちょっとの方々には、側弯の改善が見られず貢献できませんでした。
腰痛や肩こりの原因が側弯からきていると言われた方で、側弯症自体が変化した方、もしくは側弯自体が変化しないでも、腰痛や肩こりといった症状が改善された方は9割にのぼります。
腰痛や肩こりと言った筋骨格系の症状が、側弯症からきていると考えるのは無理がある様に思っています。
もっと違った視点から身体をみていく事で、しっかりと改善されていくと感じています。

側弯症でストレッチで改善しますか?

ストレッチによって改善されているケースがあると書かれている一方で、ストレッチによって側弯症が悪化したという記事も沢山見られます。
ファインカイロの考えを後述しますが、そちらを読まれる事でなぜストレッチが悪化する人がいるのか?というのが理解できると思います。
ストレッチなどの運動療法を効果的に発揮させる為には、ある条件が必要です。
その条件をクリアしたのちに実践する運動療法は、その効果をより発揮させる事になると考えられます。

側弯症です。コルセット(装具)をした方が良いでしょうか?

コルセットの使用により側弯の進行を抑制しようという目的で使用されますが、効果ははっきりとあるわけではない事が分かっています。コルセットを付けなければイケないという事はないと思いますが、その様に言われているのであれば翌々医師と相談するのが良いと思います。

ファインカイロが考える側弯症の改善へと向けた施術

先天的な奇形である二分脊椎や半椎といった問題でも、側弯が進行していく方とそうでない方がいます。原因が不明な突発性側弯も進行が人によって様々です。
側弯を起こすのは、筋肉の過剰な緊張であり、その緊張の命令(信号)を出しているのは、脳(神経系)です。脳の機能が不安定になっていく事で(機能障害)、大脳新皮質から抑制の信号が減少して、大脳基底核などの筋肉の緊張度をコントロールする部位が活性化していき、様々な筋肉系のトラブルを起こしていきます。
側弯症といった筋肉の過緊張もこの様なメカニズムが大いに関係していると考えています。

脳の機能障害が起こる原因

脳の機能障害が起こる原因としては、重力場における様々な固有感覚受容器からの信号が低下して脳への恒常的な刺激が減少していると考えられます。

カイロプラクティックは、ズレた骨や歪んだ骨格を矯正する療法という認識が高いですが、実際はこの固有感覚受容器の健全な働きをアジャストメントと呼ばれる高速低振幅の調整によって賦活化して、脳の健全な働きを促していると言えます。

背骨や様々な関節や筋肉の中には、神経のスイッチがありそのスイッチが落ちていると脳にしっかりと電気が回らないので、落ちたスイッチにアジャストメントして、電気の通りを改善する。そんなイメージです。
身体全体を会社と考えると、本社(脳)が各支店(筋肉や臓器)を正しく指令する為には、各支店から本社に対して現状を正確に報告していく必要があります。

身体も同じです。脳が正しく働くために、身体からの健全な刺激(信号)が大切です。
特に恒常的に脳を刺激する為には、脊椎の固有感覚受容器の働きがとても重要と言えます。

医療にはない固有感覚受容器の機能障害という概念

病院などには、この様な固有感覚受容器の機能障害という概念がまだありません。
脊椎のバイオメカニクス(臨床生体力学)の中で、Panjobi氏が提唱する概念が固有感覚受容器の機能障害という概念を証明しています。
脊柱の不安定性における運動障害に目を向けていますが、固有感覚受容器の機能障害は脳の健全な賦活化を抑制して、慢性的な脳の機能障害を誘発して、様々な生体の機能(免疫系、内分泌系、自律神経系など)に影響を与えると言えます。

多くの突発性側弯(原因不明の側弯)は、この様な固有感覚受容器の機能障害によって起きているのでは?

医療には、固有感覚受容器の機能障害という概念自体がまだないので、側弯の原因がこういったと所にあるという事が分かっていない状態であるともいえます。
様々な要因で、脳の機能障害が起こりうる(固有感覚受容器の機能障害だけでなく、心理的なストレスや栄養的ストレスなども影響する)ので、これが原因だ!と言える事はないですが、この様な固有感覚受容器の機能障害が側弯症の進行スピードなどにも影響を与えていると言えます。

ファインカイロは側弯症の様々な悩みに脳の機能障害という観点からサポートしています

ファインカイロは脳の健全な働きを促す施術を行います

脳の機能障害を、固有感覚受容器の機能障害の調整や脳が誤作動を起こす心理的なストレスの調整と言った面から改善をサポートしています。
健全な神経系の働きを改善させるように働きかけていく事で、適切な筋緊張が自然と回復されていき、側弯症の角度の改善、進行スピードの抑制、過剰な筋緊張の緩和によって腰痛や肩こりと言った症状の改善が期待されます。

側弯症の進行を抑えたい。改善したい。その期待にどこまで答えられるかは正直不明です。
しかし、施術の結果としてはおおむね良好な場合が多いです。
また、腰痛や肩こりなどの筋骨格系の症状が、側弯症からきている!と言われた方には、側弯が改善されなくてもその症状は改善される可能性が極めて高いと言えます。
脊椎の構造的な異常が、筋骨格系の症状に影響するという考えは、既にかなり古い考え方と言えます。
側弯症でお悩みの方は、ぜひご相談ください。

関連記事

  1. 左を向くと視界が歪み気持ち悪いというお悩み(仙台青葉区)

  2. 徹底解説!野球肩(ルーズショルダー)の原因と最適な治療法ー改…

  3. 過敏性腸症候群の原因はストレス?ストレスからくる脳の誤作動を…

  4. 書痙―機能背ジストニア

    秋田市で書痙(局所性ジストニア)でお困りの方が仙台ファインカ…

  5. イップスは治る?イップスを改善するコツを知ろう!

  6. 昨日ぎっくり腰になりました、すぐ直りますか?

ニュースレターを購読する

初回来院の方👋
特典をゲットしてご来院ください

初回検査料 無料
2回目以降の施術料割引

毎月、当院のコンテンツを配信します。
健康に役立つ情報などを配信します。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

最近の記事 おすすめ記事

こちらから気になる事はご相談下さい

友だち追加

 

気になる症状、施術に対する不安、キャンペーンのお申込み受付中です。
キャンペーンの適応は、予約日時とお名前をLINEにて送信してください。

ファインカイロのお知らせ

インフォメーション

ファインカイロ入り口

▼ 開院時間
10:00 – 20:00
※木曜定休

▼ 住所
仙台市青葉区二日町13-18
ステーションプラザビル806

>>> Googleマップで確認

▼ 予約方法
WEBもしくは、お電話にて。
電話080-5711-7980

早く到着してしまった場合

1階のエレベータの奥に、リフレッシュルームがあります。 ビルの共用施設です。来院者さんの使用の許可を得ています。 こちらの奥で時間までお待ちできます。

リフレッシュルームへの行き方
リフレッシュルーム、こちらでお待ちください
リフレッシュルーム、こちらでお待ちください、飲み物もご購入頂けます

沢山の地域からご来院有難うございます

【宮城】
仙台市(青葉区・太白区・宮城野区・泉区・若林区)・岩沼市・多賀城市・石巻市・大崎市・名取市・塩釜市・利府町・黒川郡・大和町・登米市・富谷市・七ヶ浜町・川崎町・白石市

【福島】
福島市・相馬市・郡山市・いわき市・伊達市・国見町・猪苗代町

【山形】
山形市・米沢市・上山市・天童市

【秋田】
秋田市

【岩手】
盛岡市・一関市・花巻市・八幡平市

【青森】
青森市・八戸市・弘前市・むつ市・三沢市

【その他】
新潟市・阿賀野市・金沢市・大田原市・弥富市・東京都港区・東京都江戸川区・東京都練馬区・横浜市・倶知安町、など

沢山の地域からご来院ありがとうございます。