側弯症

仙台で、側弯症でお困りなら

肩こり腰痛など症状があり、側弯症が原因であると言われた
子供に側弯症がありこのまま進行しないか心配している
側弯症で見た目が良くないので改善したい

側弯症の問題

側弯症は、構造的な側弯症から、機能的な側弯症まで色々とあります。
側弯症に対するカイロプラクティックアプローチによって側弯症が軽減したという症例はよく目にしますが、研究によってその効果や実績が認められた論文はまだ見たことがありません。

構造的な側弯症

半椎といった生まれながらにして椎体が無い方や、圧迫骨折などによって生じている側弯症があります。
これらは構造的な問題で起きているので、側弯症自体を改善させる事は不可能だと言えます。
しかしながら、症状として腰痛や肩こり、生理痛や胃腸障害などの症状は改善される可能性が大いにあります。
側弯症と症状との因果関係がない症例が多いため。

機能的な側弯症

構造異常がないけれども、側弯症がある方の事です。
筋肉の過剰な緊張によって骨が引っ張られて側弯症が起きていると言えます。
カイロプラクティックアプローチによって、多少なりとも改善が期待できる問題と言えます。
過剰な筋肉の緊張を起こしている、神経機能異常を整えていく事で改善が期待されますが、必ず良くなるというものでまりません。
過去に側弯症の方を施術(側弯症の改善という事ではなく、抱えている症状改善が目的)をしてきましたが、側弯症自体がはっきりと改善された例は2例程度です。小児の突発性側弯なども施術したから側弯症の進行が治まったのかどうかははっきりとは言えません。(結果的に進行していたコブ角が施術を始めてから落ち着いた例はありますが、施術との因果関係は明確には分かりません。)
考察として、靱帯のリモデリングにかなりの時間が必要で、正常な筋の働きを回復して筋緊張のコントロールが良くなっても、側弯を起こしていた時間と同じくらいの時間の経過が必要なのではないかとも思います。
側弯自体を改善するわけではなく、腰痛や肩こり、不眠、生理痛、胃腸障害など、抱えている諸症状の改善の為なら、側弯症があっても十分改善の可能性はありますので、側弯症のせいにしないで、しっかりと体の機能を整えていく事を考えるのがいいと思います。

機能的側弯症の原因

身体を支える様々な筋肉の働きが混乱している状態で、神経機能異常が大きく関係しているケースと言えます
神経機能異常が強いので、筋肉や内臓、ホルモン、免疫などの様々な機能も上手に発揮されていない状態といえ、腰痛や肩こり、鼻炎、生理痛、胃腸障害、不眠、パニック、など様々な諸症状を抱えている方が多いです。
過剰な緊張命令を起こしている、神経機能異常を整えていく事でそれらの症状の改善が期待されます。
側弯症自体の変化は臨床実績的にも、統計的データにしても、あまり期待できないと考えています。

様々な症状が側弯症が原因と言われた方の症状を改善

神経機能異常によって、筋肉の働きがうまく連動出来ていなくて、背骨の筋肉に過剰な緊張命令が来ている事で、機能的な側弯症を起こしているケースが多いです。

神経機能異常が様々あり、筋肉や内臓、ホルモン、免疫などの様々な機能も上手に発揮されていない状態といえ、腰痛や肩こり、鼻炎、生理痛、胃腸障害、不眠、パニック、など様々な諸症状を抱えている方が多いです。

身体(自律神経やホルモン・免疫など)をコントロールしている神経機能の働きを整えていく事で、症状改善される方が多いです。

神経機能が乱れる原因、体の固有感覚受容器の働きの異常、脳のストレス記憶、を施術対象として、優しい振動刺激とメンタルケアで、脳・神経系の機能異常を回復していき、症状改善のサポートをしていきます。

 

まずはお気軽にご相談ください

[temp id=2]

 

ご予約お申込み

[temp id=9]

 

関連記事

  1. トイレが近い!頻尿の症状でお悩みの方を特別価格にてサポート

  2. 心因性頻尿や過活動膀胱を改善してきた15年の実績

  3. むち打ちの症状を改善してきた15年の実績

  4. アクティベータ・メソッド

    アクティベータメソッド(アクチベータメソッド)の解説

  5. 大学野球部-ピッチャーの-投球イップス

    2年間悩んでいた投球イップスを改善した大学野球部ピッチャー

  6. 自然療法で健康に!カイロプラクティックケアとサプリメント摂取…