仙台で整体(カイロプラクティック)を受けて坐骨神経痛を改善する方法

仙台で坐骨神経痛を改善したい方

仙台で坐骨神経痛や脊柱管狭窄症に悩む方々に朗報です。病院で経過観察中の方も含め、カイロプラクティックがこれらの症状に対して効果を発揮する可能性があることを科学的な根拠を踏まえてご紹介します。坐骨神経痛の改善の為に仙台で整体を探しているならば、ファインカイロプラクティックで、痛みの軽減や日常生活の向上が期待できます。ぜひ参考にしてくみて下さい。

坐骨神経痛と脊柱管狭窄症の概要

まず初めに、坐骨神経痛と脊柱管狭窄症について簡単に説明します。坐骨神経痛は、腰から臀部・下肢にかけての痛みを伴う総称であり、神経の圧迫による痛みとは限りません。
脊柱管狭窄症は脊柱管が狭くなり、神経に圧迫がかかる状態を指します。脊柱管狭窄症と診断されているにも関わらず、神経機能検査によって神経障害が認められない方は、全体の10%未満である事が分かってきており、脊柱管狭窄症と診断されたからと言って、必ずしも神経圧迫で痛みが出ているとは限らない事が様々な文献で明らかになってきています。
これらの症状は日常生活に支障をきたすだけでなく、精神的なストレスも引き起こす可能性があります。

カイロプラクティックのアプローチとメカニズム

整体は、痛みや不調の原因を追求し、主に筋肉や関節などの解剖学的なバランスを整える手法です。カイロプラクティックは、身体をコントロールしている神経機能に着目してます。機能的・神経学的バランスを整える事を主眼として施術で、整体とカイロプラクティックは明確に違います。
カイロプラクティックは坐骨神経痛や脊柱管狭窄症に対して、身体全体(筋肉の働きやホルモンの働きなど)を司る神経系の機能的なバランスを整えることで、正常な神経機能を改善し、過剰な筋緊張の信号を修正したり、過剰な痛み信号を健全な信号に調整したりと言ったメカニズムで、痛みを緩和することが期待されます。
整体は、解剖学的・構造的なアプローチで物理的な神経圧迫を取り除く事を考えていますが、物理的圧迫による痛みは現在の坐骨神経痛の考えではあまり重要視されていません。

カイロプラクティックと科学的根拠

カイロプラクティックが坐骨神経痛や脊柱管狭窄症にどのようにアプローチするのか、それを科学的な根拠に基づいて探ります。最新の研究によれば、カイロプラクティックで坐骨神経痛の症状の改善が期待されるデータは出てきていますが、まだ研究自体のボリュームが少ない事で、明確には分かっていない状態と言えます。

椎間板突出を伴う急性腰痛および坐骨神経痛の治療におけるカイロプラクティックマニピュレーション:アクティブおよびシミュレートされた脊椎マニピュレーションのランダム化二重盲検臨床試験

カイロプラクティックの施術のメカニズム

カイロプラクティックは、高速低振幅のアジャストメント(調整)を用いて、神経機能の働きを活性化させるように促します。
その刺激が、過剰な筋緊張などが解放させたり、痛みに対する敏感な脳の働きを抑えたり、する事で坐骨神経痛の痛みを軽減させる可能性がある事を示唆しています。これにより、患者さんは痛みから解放され、生活の質が向上することが期待されます。

カイロプラクティックは個々の症状に合わせて施術が行われ、患者さん一人ひとりに合わせたアプローチが可能です。
同じ坐骨神経痛でも、その痛みを感じるようになった経緯や条件は違います。
身体の全体の機能(働き)を検査していき、あなたの健康回復に必要なカイロプラクティックアジャストメントによって、機能を回復し、神経バランスを取り戻す手助けをします。これにより、痛みの根本的な原因に働きかけることができます。

仙台で整体を探していてカイロプラクティックによって改善された事例紹介

実際の事例を通して、整体ではなくカイロプラクティックによって坐骨神経痛や脊柱管狭窄症にどれほど効果を発揮できるかを見てみましょう。ファインカイロプラクティックで施術を受けた患者さんの中には、病院での経過観察中だった方も多く、整体でも改善されずに悩んでいた方が沢山います。匿名性を守りながら、これらの方々の改善事例を紹介します。

事例1:Aさん(仮名)

Aさんは脊柱管狭窄症の診断を受け、病院での治療が難航していました。知人が整体を受けることで坐骨神経痛の症状が改善されたことで、その整体院に行きましたがあまり効果を感じられませんでした。ほかの整体にも行ってみましたがそこでも効果を感じられませんでした。
HPにてファインカイロを知り、坐骨神経痛の症状が神経圧迫だけではない事を知って、ご来院されました。
神経系の働きを整えていく施術で身体のバランスが改善され、痛みが軽減されていきました。
Aさんは医師にファインカイロの事を相談しており、カイロプラクティックと病院治療を併用することでより効果を実感しています。

事例2:Bさん(仮名)

Bさんは長年の坐骨神経痛に悩まされていました。整体を受ける前は日常生活に支障をきたすほどの痛みがありましたが、整体療法によって筋肉の調整が行われ、痛みが軽減されたと述べていました。しかし、長時間の仕事でのデスクワーク、特に繁忙期には痛みが増悪する症状で困っていました。
頻繁に整体を受ける事は難しく根本的な改善を模索していた中、ファインカイロの事をしり、坐骨神経痛の症状がストレスなどと関係ある事を知り、ファインカイロの施術を受けに来ました。
Bさんは、繁忙期でも坐骨神経痛の症状が出なくなり、仕事に集中して取り組めるようになったと仰っていました。

整体・カイロプラクティックと病院治療の併用

整体が病院治療とどのように協力し合えるかを考えてみましょう。整体やカイロプラクティックは従来の医学とは異なるアプローチを取るため、病院での治療と併用することで相互補完的な効果が期待できます。医師と施術者との連携のもと、患者さんが最適なケアを受けることが可能だと考えています。
ファインカイロでも、精神科や内科、小児科などや小児科のお医者さんが来院されています。
今後は整形外科のお医者さんとも関係性を築いていきたいと思っています。その縁があるといいなぁ。

注意点と助言

整体やカイロプラクティックを受ける際には、以下の注意点を守ることが重要だと思います。
まず第一に、医師との十分な相談があると良いと思います。整体やカイロプラクティックに否定的なドクターもいますが、海外の知見をよく学び理解力のあるドクターも増えています。掛かりたい整体やカイロプラクティックの先生の経験や資格、あらかじめ相談した内容の返答などを、かかり付けの医師に相談して見解を聞いてみましょう。
施術を受けてみたい、整体師やカイロプラクターには自身の症状や体調について正確に伝え、医師と相談してみる事を予め伝えてみましょう。
医療と整体やカイロプラクティックは、それぞれ身体や症状を捉えている視点が違います。
既存の医療行為で改善されないなら、他の方法を試す事は良い事だと思います。

まとめ

仙台で整体やカイロプラクティックを受けることで、坐骨神経痛や脊柱管狭窄症の症状が改善される可能性があります。
科学的な根拠に基づいた整体療法やカイロプラクティックは、身体全体の調和を取り戻し、あなたの健康をサポートするでしょう。

整体やカイロプラクティックに対する興味がある方は、実際に整体やカイロプラクティック院を訪れて専門家のアドバイスを受けることをおすすめします。健康的で快適な生活を手に入れるために、ファインカイロプラクティックを活用してみてはいかがでしょうか。

初回来院の方👋
特典をゲットしてご来院ください

初回検査料 無料
2回目以降の施術料割引

毎月、当院のコンテンツを配信します。
健康に役立つ情報などを配信します。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。

関連記事

  1. 全身の脱力感・慢性疲労でお困りの方の自律神経測定を図ってみた…

  2. ドライマウス・顎関節症や、嚥下障害、顎が動く(ジストニア)な…

  3. 保護中: あなたの施術の体験をぜひシェアしてください!

  4. 昨日ぎっくり腰になりました、すぐ直りますか?

  5. 他の整体院との違い

    仙台にある他の整体とファインカイロプラクティックの違いはなに…

  6. ばね指

最近の記事 おすすめ記事

こちらから気になる事はご相談下さい

友だち追加

 

気になる症状、施術に対する不安、キャンペーンのお申込み受付中です。
キャンペーンの適応は、予約日時とお名前をLINEにて送信してください。

ファインカイロのお知らせ

インフォメーション

ファインカイロ入り口

▼ 開院時間
10:00 – 20:00
※木曜定休

▼ 住所
仙台市青葉区二日町13-18
ステーションプラザビル806

>>> Googleマップで確認

▼ 予約方法
WEBもしくは、お電話にて。
電話080-5711-7980

早く到着してしまった場合

リフレッシュルームへの行き方
1階のエレベータの奥に、リフレッシュルームがあります。 ビルの共用施設です。来院者さんの使用の許可を得ています。 こちらの奥で時間までお待ちできます。
リフレッシュルーム、こちらでお待ちください
リフレッシュルーム、こちらでお待ちください、飲み物もご購入頂けます

ニュースレターを購読する

初回来院の方👋
特典をゲットしてご来院ください

初回検査料 無料
2回目以降の施術料割引

毎月、当院のコンテンツを配信します。
健康に役立つ情報などを配信します。

スパムはしません!詳細については、プライバシーポリシーをご覧ください。